Home > サンサンコーナー > 世の中 あべこべ

サンサンコーナー

世の中 あべこべ

 今、日本の社会はあべこべの社会になっているように感じます。何があべこべかと言いますと、現在日本は少子高齢化社会まっしぐらです。一家族で3人の家族構成であれば、ひとりは必ず65歳以上の方がいるという程の高齢化になっているのです。

 しかし今の日本社会では、老人を大切にし尊敬するという社会風土は、殆どと言って良いくらい見られなくなってしまいました。逆に老人をバカにする、汚い物としてゴミ扱いする、さらに老人をいたぶるギャグが大うけするという具合に、年寄りを虐待するような風潮すらあります。

 それとは対照的に、若い者を育てようとするあまり、必要以上に甘やかす傾向が特に強く感じられます。そして世代交代を焦っているように感じられるのは私だけなのでしょうか。

 私はこの高齢化社会においては、年寄りは従来のようにそんなに早く引退する必要がないのではないか、させてはいけないのではないかと思うのです。何故なら、今の日本社会においては、元気な年寄りを生かす、そういうシステムが必要になってきていると思うからです。つまり、従来の定年制をさらに引き延ばすようにすべきではないかと思うのです。 そして従来の老人と言われる人たちに対する優遇、例えば年金の支給、乗物券、入場券とかの老人割引、医療費の免除等の特典優遇を一切無くして、そのようなところこそ、若い人たちを優遇する必要があるのではないかと思うのです。まるでやっている事があべこべです。

 なぜなら、今は老人の方がお金持ちだからです。今までの考え方をまるで方向転換して、年寄りが働ける年齢をアップし、現役に長い間留まってもらうための社会システムこそが求められると思います。

 人間は引退するととたんにボケるからです。人間は現役でいると以外にボケません。

 今は高齢化社会の到来と言って、将来に不安を持っています。そしてどんどんボケ老人を量産しています。これは時代の急激な変化に社会が対応できていないからだと思います。

 今こそ私達はあべこべの発想を持って、元気で頭のクレバーな年寄りが社会貢献できる社会システムを作っていかなければならないと思うのです。そんなに早く年金を払わなくても良い、貰わなくても良い社会システム、80歳定年制?ぐらい謳ったらどうでしょうか。政治家諸君、80歳は無理ならせめて75歳ぐらいはどうでしょうか?

 少子化が進み、子供がいなくなるわけですから、少しでも現役で働ける期間を長くしなければ、働き手がいなくなってしまいますよ。その上年金を払う量も少なくなり、税収も増えて、介護される人も少なくなり、一挙両得ではないでしょうか。

 今の社会は老人を大切にして大事に使う事こそが大切です。大切にするという事は引退させるということではないのですよ。

調 亮

ページの先頭へ